名画とファッション

スバルにはレガシィやインプレッサなど素晴らしいデザインの車がありますよね。

TOP PAGE

スバル車について

スバル車は富士重工業の自動車部門の車となります。

独創的なイメージが強く車好きな人には支持をされることも多いのですが、一般の人から見るとなぜこの部分にここまでこだわっているのかと思ってしまうほどです。

そのためか、スバル車に関してはユーザーの意見を取り入れて作られた車も多いのが特徴です。

その影響もあってか大きなデザイン変更などがされないというのがスバル車の特徴ともなっています。

4WDやアイサイトなどを標準化しており技術的には優れている面も多く見受けられるのですが構造的にはクセがあり特殊なものが多いのも独創的な部分と言えます。

スバル車のブランド車は一部を除いて知名度が低いものが多くどちらかというと新規の顧客を取れていないと言うイメージもあります。

スバル車を好きな人は徹底して好きな人が多く、他のメーカーの車に浮気をする人も少ないようです。

ユーザーをとても大切にしてくれるメーカーなのでそうしたことも起こるのでしょうが馴染みのない人には本当になじみのない車となってしまうのがスバル車の泣き所と言えば泣き所でしょうか。

レガシィの評価

レガシーはスバルの車になります。

レガシーと言うと評価は昔から色々とわかれます。

好きな人は大好きだし、そうでない人は選択をされることはない車ということになります。

レガシーの一般的な評価としてはまず第一印象として大きいと言うイメージではないでしょうか。

外車並みに大きいと言っても良いでしょう。

その分、人によっては運転しづらいと思う人もいるかもしれません。

車内は広く特に運転席の足元が広いのが特徴です。

エンジン音もレガシーの特徴です。

どっしりとした感じ、ボクサー音が特徴となります。

燃費なども特に悪くもなく良くもなくと言ったところの評価となります。

デザインやインテリアなどは人により好みのあるところなのですが、オシャレ感があるかと言えば少し疑問符が付くところと言っても良いでしょう。

とかく大きな車というのは運転していると疲れてくるものですが、レガシーはそうした部分がありません。

シートも出来がいのもあるのでしょうが、車が大きい割には視界も広いと言うこと、意外と小回りが効くと言う点が疲れにくくしているのかもしれません。

インプレッサの評価

インプレッサはスバルの車です。

現行はインプレッサでなくインプレッサスポーツという名前になっています。

インプレッサは過去において有名なレースでいつも上位に来ていたイメージがあります。

今はレースから撤退していますが今でもそのイメージをもって乗っている人は多いようです。

インプレッサは4ドアハッチバックで走りはピカイチという印象がすごくあります。

どこのメーカーも真似ができないのではないかと思われるほどで高いお金を出して外車を買うよりもインプレッサのほうが安いのに走りが良いと言えるのです。

インプレッサの燃費は決して良いとはいえません。

燃費を考えるのであれば他のメーカーの同クラスの車を選んだほうが良いでしょう。

また値段的にも決して安いとも思えないのがインプレッサです。

一般の人が見たら、どうしてインプレッサはこんなに高いのかと思ってしまうほどです。

その価値は走りの良さにあると言うことになるのですが、一般の人はそこまで求めていないと言うのが正直なところだと言えます。

一部のユーザーからは高評価されるであろう車がインプレッサなのです。

スバル360の評価

スバル360は日本の車の歴史の中でも画期的な車だと言うことが出来ます。

その見た目からてんとう虫という呼ばれ方をすることもあるのですが、そういう愛称がつくほど昔はインパクトのあった車だと言えるのです。

スバル360は文字通り360CCの排気量の軽自動車です。

昔は車は高いものでとても一般庶民が手を出せるようなものではありませんでした。

そして4人が乗れる軽自動車などは存在していなかったのです。

その点、スバル360は大人が4人乗れてスピードも360CCなのに80キロも出ると話題になったのです。

スバル360はその意味で庶民の味方だと言うことが出来るでしょう。

現状はほとんど現存しているスバル360もないようですが普通車と比べて見劣りがしなかった性能は十分に評価をされてよいのではないかと思われます。

もちろん、今の時代の車と比べると欠点は多いことでしょうが、コンパクトにまとめられたスバル360は今でもファンはかなり多く日本の名車の一つに数えることできる車と言えます。

日本で初めてのまともな軽自動車がスバル360だと言うことができるのです。


Copyright (C) 2016 名画とファッション All Rights Reserved.

TOP
PAGE