名画とファッション

ピカソの生涯やしくじり先生で紹介された事などを紹介します。

TOP PAGE

ピカソは天才画家なのか

ピカソは世界的にも有名な画家です。

主にフランスで活躍していて、20世紀の美術を先導した画家として世界的に人気があります。

絵が有名ですが、他にも陶芸・版画・彫刻などいろいろな分野でも活躍しています。

ピカソの絵は子供の落書きかと思うような物もありますよね。

生前は理解されていなかった学風も、現代では億の値がつくほど人気があります。

腕のある画家は死後に売れるといいますが、ピカソはその代表です。

1881年に生まれ1973年に亡くなっています。

92歳という年齢はもの凄い長生きです。

ここ最近まで生きていた人物とは思えないです。

そんなピカソの絵はいろいろな場所で展示されたり、博覧会を行っています。

ピカソの描いた絵の中でも有名なのがゲルニカという作品ではないでしょうか。

この作品はドイツ軍に攻撃を受けた時の都市ゲルニカを描いていると言われています。

作品の意味を知れば、その絵の表情や怖さが伝わる作品です。

絵に興味がない人でもピカソの絵には伝わってくる思いがあります。

みなさんもぜひ、ピカソに興味を持ってほしいと思います。

人生に一度は見ておきたいです。

ピカソの代表作の感想

画家として世界的に有名なピカソですが、ピカソの絵を見ると感動する人もいれば、良さがわからない、子供の落書きかな、と思う人もいます。

ですが、世界的に有名で絵には億という値がつくのでやはり本物の天才です。

そんなピカソはスペインで主に活躍しました。

ピカソは日本でも有名です。

作品の一つである「ゲルニカ」は見たことがあるという人が多いのではないでしょうか。

学校の教科書や授業で目にした人もいると思います。

それくらい人気のある作品です。

ゲルニカは牛や人がいろいろと描かれています。

この作品はドイツ軍に空襲されたゲルニカという都市を描いているそうです。

絵の描かれた意味を知るとまた違ったように見えますよね。

そしてもう一つの「アヴィニョンの娘たち」という絵はピカソの独特な絵のキュビスムの原点になった作品だそうです。

その前にはピカソの代表作とは違うタイプの人物を中心に描いている作品もあります。

ピカソの作品を見ているとピカソがどのような人生を歩んできたかがわかります。

このような見方をするのも良い方法です。

みなさんも実践してください。

ピカソの名言の解説

画家として世界的に有名なピカソですが、いろいろな名言を残している事でも有名です。

今回は、ピカソの名言を解説しながら紹介していきたいと思います。

まず、ピカソはスペイン出身の画家です。

絵以外にも彫刻家として活躍しています。

その中の一つで「人生で最もすばらしい癒し、それが愛なのだ。

」という名言があります。

当たり前のように感じる人も多いかもしれませんが、現代では裕福になり、物や食べ物があふれている時代になりました。

少子化問題もありますし、既婚者も増えている傾向にあります。

また、女性が活躍していく時代にもなり婚期を逃す女性も多いです。

そんな世の中だからこそ名言としてこの言葉がしっくりきます。

本当の愛を忘れていたり、愛を感じないという人が増えているのではないでしょうか。

ささいな愛も多くの人に感じ取れるようになってほしいと思います。

他にも「優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」や「人はあらゆる物や人に意味を見出そうとする。

これは我々の時代にはびこる病気だ。

」という言葉もあります。

数多くの名言をピカソは残しているのです。

ピカソがしくじり偉人伝に登場

しくじり先生ってとても面白い番組です。

今までいろいろなしくじり先生がいましたが、最近ではオリラジの田中が先生をして偉人伝を紹介するコーナーがあります。

そのコーナーが非常に人気があって、最近ではピカソについて紹介されていました。

違う視点でピカソについて知る事ができ、とても面白いです。

ピカソについていろいろとありますが、ピカソの絵って何が凄いのかわからないという人が多いです。

そう感じる人はアートについていまいちわからないという人がそういった考えをするようで、今回のしくじり先生はアートについても紹介されていました。

田中先生はピカソの凄さがわかればアートが面白くなると語っていました。

まさにそうです。

ピカソの何が凄いのかを知るとアートにも興味がわきます。

さらに意外だったのは、ピカソが生涯描いた作品は15万点で金額にすると3兆円、作品数ではギネス記録だそうです。

凄いです。

さらに、ピカソの名言でミュージアムを一つくれ。

埋めてやる。

といった名言がありますが、ピカソの作品数にいろいろな分野の絵を描いた事がピカソの凄さになっています。

こう聞けばピカソになんだか興味がわきます。


Copyright (C) 2016 名画とファッション All Rights Reserved.

TOP
PAGE